読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2020年11月10日
受賞・報道・出版

第19回磁気力制御・磁場応用夏の学校 優秀ポスター賞受賞(量子線生体材料工学領域 学部4年・太田明左人さん)

2020年10月17日にオンラインで開催された、第19回磁気力制御・磁場応用夏の学校において、量子線生体材料工学領域(佐藤研究室)学部4年 太田 明左人さんがポスターセッションで優秀賞を受賞しました。

 

発表タイトルは、「磁気分離を用いた重金属汚染土壌の減容に関する基礎的研究」です。この研究では、重金属を特定の微小鉱物に選択的に吸着させ、超電導磁石を用いて分離する新たな減容化手法を提案しています。今回は微小鉱物への重金属吸着実験、および模擬汚染土壌の磁気分離実験について発表しました。

太田さんは、この受賞について「今回このような賞をいただけたのは、ご指導いただいた先生方、先輩方のおかげです。この結果に満足することなく、今後の研究活動に取り組んでいきたいと思います。」とコメントしています。