読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2022年4月21日
受賞・報道・出版

IPCCの第3部会報告書が発表され、下田研究室の論文が引用されました(都市エネルギーシステム領域 下田吉之教授・山口容平准教授)

国連下部組織の気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change:IPCC)の第56回総会及び第3作業部会第14回会合が開催され、第6次評価報告書第3作業部会報告書が公表されました。

https://report.ipcc.ch/ar6wg3/

 

 

本報告書は、気候変動に関して世界の科学者が発表する論文や観測・予測データを基に、政府の推薦などで選ばれた専門家が取りまとめを行う大変重要なものです。今回、報告書のChapter 9 Buildingsで下田研究室の論文が3件引用されています。当該分野において日本の研究成果の貢献が極めて低い中、これらの研究成果が国際的に評価されていることが示されました。

 

Taniguchi, Inoue, Otsuki, Yamaguchi, Shimoda, Takami, Hanaoka, Energy Build.,112,80-92 (2016)

Momonoki, Taniguchi-Matsuoka, Yamaguchi, Shimoda, Proc. Building Simulation Conf. (2017)

Sugiyama, Taniguchi-Matsuoka, Yamaguchi, Shimoda, Proc. Building Simulation Conf. (2019)